ART SCHOOL

美大卒業者の就職

美大から就職しやすい業界とは?

美大は入るのが非常に難しいとされていますが、就職はそれほど強くないと言われています。
ただ、美大卒の人が多数活躍する業界も確かにあるので、そういったところを優先的に狙っていくと就職もうまくいきます。
美大が強いのは、やはりクリエイティブ系の業界になります。
広告代理店ではデザイン力を持っている人材が大活躍しますから、そうした会社を狙ってみるのも一興です。
アニメ業界で絵を書いたり、出版社で装丁を担当したりということもできますし、他にもさまざまな会社で必要とされます。
もちろん会社には入らずに個人で活動をしていくことも可能ですし、道はいろいろと用意されていると言えます。
美術大学に入れるぐらいの画力があるのなら、一般人からすれば天才と呼ばれることもあるでしょう。
そうした評価をうまく使って世渡りをしていくと、安定的に人生が送れます。
近年は個人で絵の発表がしやすくなっています。
ネットに絵を載せておくとイラストレーターの仕事が舞い込んできたりします。

美大卒者の就職状況は科によって異なる

美大出身者は就職をせずにアルバイトしながら制作活動を続ける、いわゆるフリーランスになるという印象がありますが、これはファインアートと言われる、油絵科や彫刻科の学生の特徴で、全ての美大出身者がフリーランスのアーティストになるわけではありません。
特にデザイン科を卒業した者は、デザイン会社や印刷会社などへ行くケースが多く、就職率はかなり高くなっています。
また、建築科出身者も、建築事務所等で働きながら建築士の資格を取って会社に就職するのが一般的です。
工芸科出身者に関しては、半数以上が更なる教育を求めて大学院へ行きますが、もともと工芸を生業としている家系の出身者も多いことから、卒業後は本格的な伝統工芸の訓練を受ける人もいます。
美術史を専攻した者の大半は大学院へ進学し、修士課程を修了した後も博士後期課程に進んで研究を続けて行く人が多いです。
学位を取得後は国内外で研究を続けるか、大学関係の仕事に就く人が多いです。

recommend

ステカのシート販売
http://hmfilm.shop-pro.jp/

最終更新日:2015/7/10

 

『美大 就職』
最新ツイート


Fatal error: Class 'Abraham\TwitterOAuth\Config' not found in /home/fytbp8r2/jcunninghamwrites.com/twitteroauth/src/TwitterOAuth.php on line 17